二重まぶたを形成する美容整形手術 埋没法などの解説や注意事項など

人の第一印象の大部分を決定するという目。
日本人のまぶたは肉厚で二重瞼が薄く、上下幅が小さく蒙古ひだがある典型的な東洋人の姿です。
したがって、無気力な印象を与えます。
これらの欠点を克服するために目元を美しく魅力的に見えるようにするために、二重まぶたを形成する美容整形の手術が盛んにおこなわれています。。
現在二重まぶたの手術が最も多く手術されている一般的な眼瞼手術に位置しており、一人一人の目の形や形状が異なるため、それぞれの目の形に沿った様々な方法で自然に施術が行われたとき、真の美しさを得ることができます。
眼科で行われる二重まぶたの手術は、美しさと手術に伴う眼科的疾患を十分に考慮して施術するので、より一層安全です。

手術前には必ず眼科検診を通じて、次の事項を確認されることをお勧めします。
1)視力を含む全体的な目の状態 2)涙の分泌程度 3)眼瞼下垂かどうか 4)既存の二重まぶたかどうか 5)脂肪の量 6)眼瞼形状、蒙古ひだの有無 7)眉毛のたるみ程度 8)皮膚のたれの程度、 などを総合的に判断した後、埋没法、切開法、部分切開法などの手術方法を決定します。

埋没法 目覚める筋肉である眼瞼挙筋がまぶたを上に押し上げると、肌も一緒に押されて上るように眼瞼挙筋と皮膚の間を非常に細い糸かけてくれる方法です。
糸の力によって眼瞼挙筋が動くとき、皮膚も一緒について上がりながらまぶたにシワが発生した場合、これはまさに二重まぶたになります。
まぶたに針を使って糸を入れ入れたりして、二重まぶたが生じるラインに3個程度の切開を入れ、皮膚と筋肉を縫うしてくれます。
どちらの方法や傷跡はほとんど残らず、2-3日程度が経過すると、簿記が沈んで手術した表が出ないという利点があります。
この方法は、皮膚が垂れておらず、まぶた肉付きが薄く脂肪が少ない人に適しています。
二重まぶたがありそうな目つきの形をしているのに、一重まぶたの人は、このような方法で3-4カ所入れてくれれば、自然に二重まぶたを作ることができます。
切開法 この方法は、まぶたに二重のラインを描画し、その線に沿って皮膚を切開した後、瞳をとじている筋肉を少し切り取り、まぶたの中の脂肪を取り出します。
その次の目を開いている筋肉と真皮層をいくつかの場所縛って切開されたラインを縫合してくれる方法です。
垂れ脂肪を適度に減らすか、分厚い筋肉肉付きを薄くしたり、必要に応じては、目が大きく浮かんよう瞳をとじている筋肉を強化したりします。
皮膚のしわが伸びた場合は、シワも修正することができ、まつげを下に先た時に持ち上げてくれるのも一緒にすることができます。
術後簿記がある程度沈むには1?2週間程度の期間が必要になります。
部分切開法 切開法の1/3から1/4程度切開する手術法で術後すぐに自然回復期間が早くすぐに日常生活をすることができます。
通常、若い年齢層で実施します。
埋没法と切開法の利点を取った手術方法です。

Leave a Reply

Copyright © 整形・プチ整形・美容クリニックのブログ. Wordpress themes