芋焼酎と楽しみたい料理について

芋焼酎は料理と楽しむお酒としても良いものです。芋焼酎の影響のためか、南九州の伝統料理は甘くしょうゆの濃い味付けが多いように思えます。それでいてしつこくない味付けが芋焼酎に良く合います。多くの鹿児島のスーパーではいろいろなお惣菜が売られていますが、みんなこのような味付けになっています。一般家庭でも同じ味付けの煮しめが芋焼酎の友として定番です。家庭によってそれぞれ違いますが、多くは鳥をベースにしたり、中には鯨の脂肪をベースにして野菜を煮しめます。南九州の料理で使われるのは地元産の黒豚や東シナ海で取られる新鮮な魚介類、地元の野菜が中心となります。鹿児島や宮崎の郷土料理店では黒豚を良く出してくれますが、地元の人は鶏肉を良く食べます。鹿児島湾でとれるきびなごの刺身も格別です。きびなごは酢味噌で食べます。この酢味噌に使う味噌は麦味噌で、その甘さは芋焼酎にぴったり合います。しょうゆも甘口のしょうゆです。刺身をこの甘口のしょうゆにつけて食べると本当によくあい、たまりません。南九州の味付けは芋焼酎にあわされているといっても過言ではありません。南九州で芋焼酎に合うというもので忘れてはならないのがさつま揚げです。地元ではこう呼ばずつけあげと呼びます。白身の魚のすり身を野菜などとまぜて油とあげたものです。四国のてんぷらと同種の食べ物ですが、味付けが違います。白身のさかなに甘く味付けをしたつけあげは熱い出来立ても冷たくなってからでもおいしいです。おでんや煮しめ、うどんなどに入れてもよく合います。魚が豊富に取れる東シナ海に面しているせいか、新鮮な魚が豊富に手に入るため、味のよさも一段と引き立っているように思えます。

Leave a Reply

Copyright © 整形・プチ整形・美容クリニックのブログ. Wordpress themes