美容整形外科でのわきが治療

体の中で1番気になるニオイは、わきのニオイです。わきの下には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺と皮脂腺があります。これらから分泌されている脂や汗が混ざり、雑菌により分解されると、特有のニオイを放ちます。わきがは、特に女性にとっては、気になる症状です。人とのコミュニケーションにも影響するため、大きなコンプレックスにもなります。制汗剤を使って、ニオイを抑えることはできますが、根本的な治療ではないので、汗をかきやすい夏場には常に気になります。

わきがをどうにかしたいと思っている人に、オススメなのが美容整形外科でのわきが治療です。わきが治療方法には、大きく分けて保存療法と手術療法があります。その中でも、わきが治療をしたいがあまり時間がとれない、メスを使う手術はしたくない、ニオイや汗の気になる時期が限られているあなたにお勧めなのは、ボトックス注射によるわきが治療方法です。ニオイのもととなるアポクリン汗腺や、汗のもととなるエクリン汗腺の働きを衰えさせる効果のあるボツリヌストキシンを利用して、ニオイと汗の量を軽減させる治療法です。わきに注射をうつだけなので、施術時間が10分と短く、メスを使わないので傷跡が残る心配もありません。

このボトックス注射の効果は半年から1年程度持続するそうです。短いような気もしますが、強いわきがでない限り、露出の増える夏の間だけなど期間限定で注射を行っても良いでしょう。ニオイの不安から解放される素晴らしいわきが治療法だと思います。

Leave a Reply

Copyright © 整形・プチ整形・美容クリニックのブログ. Wordpress themes