ワンルームマンションで資産運用

昨今では、年金は本当に払ってもらえるのだろうかとか、消費税などの税金はこのまま上がり続けていくのだろうか、低成長が続く日本の経済はどうなっていくのだろうかなど、将来についての不安を感じている人も多いと思います。ですから、若いうちから資産運用を考える人も増えてきました。ワンルームマンションに投資するのもその一つの方法です。皆さんご存知とは思いますが、ワンルームマンションとは、大体30㎡以下の単身者向けの物件で、部屋が1つのものを言います。首都圏の便利な場所に建てられていることが多く、事務所として使用されることもあります。さてここで、実際にワンルームマンション投資で資産運用を行う場合について、メリットとデメリットを考えてみましょう。
メリットは、まず、単身者の集まる首都圏で需要が高く、マンションの立地も利便性の良い所が多いため、比較的借主が付きやすいこと。次に、借主が早く決まる傾向にあるため、空室のリスクが低く、資産運用の効率が高まること。また、部屋が小さいので、リフォームが安く早く済むこと。そして、ファミリータイプのマンションより価格が低いため、購入しやすく、ローンも組みやすいことが挙げられます。
デメリットは、投資以外に転用することが難しく、のちに家族で移り住むといった自己使用などがしにくいこと。さらに、物件を手放さなくてはならなくなった際に、ファミリータイプよりも流通性に劣るため、売却しにくいことが挙げられます。いずれにしても、これらの両面を良く考えた上で購入を考えましょう。

Leave a Reply

Copyright © 整形・プチ整形・美容クリニックのブログ. Wordpress themes